会長挨拶

「つながり 創り 発信する校長会をめざして」

島根県小学校長会長 金山美幸(松江市立城北小学校)

kanayama-kaichou今年度の島根県小学校長会長に選任いただきました。会員の皆様方のご支援・ご協力をいただきながら各事業を推進し、本会を更に活性化させることで、島根県の小学校教育の充実を図りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

一 活動の方針

 平成二十九年三月、新学習指導要領が告示され、今後移行期間としての二年間に、その基本的な考えの徹底と、先行実施としての新たな取組の推進が求められています。具体としては、「社会に開かれた教育課程」を重視するとともに、知識の理解の質を高め、資質・能力を育む「主体的・対話的で深い学び」の実践や、各校での「カリキュラム・マネジメント」の確立などが挙げられます。
 この時期に、「中国地区小学校長会教育研究大会」を今年度本県で開催することを、本会としては好機として捉えたいと考えます。十分科会における提案発表も計画されていますが、これまで各市郡で真摯に取り組んできた学校経営と研究実践とに自信と確信をもち、中国地区全体に発信することで学校教育の質を高める働きかけを行うことは、新学習指導要領の全面実施に向け、大きな意味をもつものとなります。
そのためには、まず県内の小学校長同士のつながりを更に深めることが大切になります。加えて、これまでの様々な実践を踏まえ、連携しながら、各市郡におけるそれぞれの教育課題解決に向けた取組を加速させることで、大会における情報発信につなげていかなければなりません。つながりとまとまりのある会員相互の協働を通して、研究大会を充実させるとともに、島根の子供たちのために常に前進を続ける校長会であるため、より一層の協力をお願いいたします。

二 主な事業内容

⑴ 本県および中国地区小学校教育の振興と、校長としての職能向上のために、出雲市小学校長会との連携を深めながら「第六十五回中国地区小学校長会教育研究大会島根大会」を開催する。
⑵ 小・中学校長会が合同して教育条件改善対策委員会を組織し、関係機   関と連携を密にしながら教育条件の改善・充実に努める。
⑶ 総務・調査研究・対策・広報の四部会を構成して事業を推進する。
⑷ 県教育委員会との連携を深めるため、第三回理事会において「意見交換会」を開催する。

会則

島根県小学校長会会則

第一条(名称) 本会は、島根県小学校長会といい、事務局を会長の指定するところにおく。
第二条(組織) 本会は、島根県内の小学校長をもって組織し、各市郡単位に校長会(以下支部という)をおく。
第三条(目的) 本会は、会員の資質を高め各支部の緊密な連絡協調を保ち、本県小学校教育の振興をはかることを目的とする。
第四条(事業) 本会は、前条の目的を達成するために、次のことを行う。
     ⑴ 各支部の連絡・提携に関すること
     ⑵ 学校経営の研究改善並びに調査に関すること
     ⑶ 教育制度並びに教育行財政の研究及び改善に関すること
     ⑷ 校長及び教職員の地位並びに処遇の向上に関すること
     ⑸ 他団体との連絡提携に関すること
     ⑹ その他、本会の目的達成に必要なこと
第五条(役員) 本会に、次の役員をおく。
会長一名 副会長三名 監事二名 事務局長一名
理事若干名 常任理事若干名 幹事若干名
     二、会長、副会長、監事は、評議員会において、会員のうちから選出する。
     三、理事は、各支部の代表者及び会長委嘱者をもってこれにあてる。
     四、常任理事は、理事の中から互選する。
     五、事務局長及び幹事は、会長が会員のうちから委嘱する。
第六条(役員の任期)前条第一項に規定する役員の任期は、一年とし役員が欠けた場合の補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。
     二、役員は任期が満了しても、後任者が就任するまでその職務を行うものとする。
第七条(役員の任務)会長は本会を代表し、会務を総理する。
     二、副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代理する。
     三、監事は会計を監査する。
     四、理事は理事会を組織する。
     五、常任理事は常任理事会を組織する。
     六、事務局長は会長の命をうけ会務を行う。
     七、幹事は会長の命により会務を分掌し、理事会等に出席し意見をのべることができる。
第八条(評議員会)本会に評議員会をおき、総会にかえるものとする。
     二、評議員は、毎年一回以上会長が招集する。
     三、評議員の数は、支部の会員数二十名まで一名、二十一名以上は二名とする。
     四、支部の会員数が四名以下の場合は理事と評議員をかねることができる。ただし、その場合は監事に選出されない。
第九条(評議員会の権限)評議員会に附属する事項は、次のとおりとする。
     ⑴ 予算の議決及び決算の承認
     ⑵ 役員の選出
     ⑶ 会則の改廃
     ⑷ その他重要な事項
第十条(大会) 評議員会において必要と認めた場合は、大会を開くことができる。
第十一条(理事会)理事会は、会長、副会長、理事及び事務局長をもって構成する。
     二、理事会は、必要に応じて会長が招集し、評議員会より委任された事項、その他この会の事業を行う。
第十二条(常任理事会)常任理事会は、会長、副会長、常任理事及び事務局長をもって構成する。
     二、常任理事会は、理事会より委任された事項及びその他緊急事項の処理を行う。
第十三条(専門委員会)本会の目的達成のために必要があるときは、評議員会の承認を経て、専門委員会を設けることができる。
     二、専門委員会に関することは、別に定める。
第十四条(経費・会費)本会の経費は、会費、負担金及びその他の収入をもってこれにあてる。
     二、会費等に関することは、理事会の承認を経て別に定める。
第十五条(基金)本会の基盤を固めるとともに会の運営を円滑にするため、基金を造成する。
     二、基金の管理、運用については、別に定める。
第十六条(会計年度)本会の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終る。
第十七条(雑則)本会則に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、理事会の議を経て、別に定める。
 付  則
 本会則は、昭和五十六年四月二十四日より実施する。
 備  考
⑴ 昭和二十五年六月十五日より実施の島根県小学校長協会規約は昭和四十五年一部改正し、同規約第八条二項については、昭和四十六年四月一日に改正した。
⑵ 昭和五十六年四月二十四日より名称を島根県小学校長協会から島根県小学校長会に改めるとともに、前規約を廃し本会則を実施する。
⑶ 昭和六十二年十二月四日一部改正(第十五条)
⑷ 平成十三年四月二十五日一部改正(第五条三)
⑸ 平成十七年三月二十二日一部改正(第八条四)

沿革史

島根県小学校長会の歩み

 戦後間もない頃、島根県小学校長会の再出発を願い議論が交わされた。戦後の混乱期でもあり、考えも様々で意見は容易にまとまらなかった。当時、生活の窮乏と受難の中で教員資格審査等があり労働組合についての関心が高まり、この組織作りに校長も加わって全教職員の組織が整い、​県小学校長会も時間を要したが全県的に一本化の方向に向かった。
◦昭和二十五年度
 既に結成された全国連合小学校長会から加入の勧めがあり、五月、各島郡市小学校長会長の参集を求め、松江市立朝日小学校において県小学校長協会結成の準備会を開催し、結成について全員の賛成の議を得た。
 六月一日、出雲市立今市小学校において結成大会を開催した。蒲生県教育長他多数の来賓、県内小学校長代表百名参加により島根県小学校長協会の結成及び全国連合小学校長会への加入などを決議した。
 ・第一回島根県小学校長大会
   初代会長 永瀬達三郎(松江―朝日小)
   会  場 松江市立雑賀小学校  期日 十月六・七日
   講  師 参議院議員 伊達源一郎 
   主な議案・教育尊重の気風を振興刷新する方途如何
       ・小学校に人材を獲得する方策如何
       ・学級児童数を五十人に(当時五十九人)
       ・本県の平均給与を五五七〇円にし、鳥取県平均五六七四円以上とすること。
       ・旅費は一人平均四千円以上に(本県は二千円)
◦昭和二十六年度
 ・文部省「学習指導要領一般篇」改訂 七月一日
 ・第二回島根県小学校長大会
   会  場 浜田市立原井小学校  期日 十月二十二・二十三日
   主な議案・教育財政確立に関する件
       ・道徳教育の振興徹底に関する件
       ・小学校教育の振興方策
◦昭和二十七年度
 ・ 「義務教育費国庫負担法」公布 八月八日
 ・ 「市町村教育委員会」一斉発足 十一月一日
 ・第三回島根県小学校長大会
   会  場 出雲市立今市小学校  期日 十月二十三・二十四日
   主な議案・義務教育費国庫負担法に関する件
       ・へき地教育振興に関する件
       ・地方教育委員会設置に伴う諸問題
◦昭和二十八年度
 ・第四回島根県小学校長大会
   会  場 益田市立吉田小学校  期日 十月二十三・二十四日
   主な議案・小学校教育振興に関する件(養護教諭、事務職員の必置も論議)
       ・特殊教育の振興に関する件
       ・就学前幼児教育振興に関する件
◦昭和二十九年度
 ・第五回島根県小学校長大会
   会  場 大田市立大田小学校  期日 十月二十二・二十三日
   主な議案・学校保健促進の方策(学校保健法の制定要望)
       ・小学校設置基準制定を当局へ要望
       ・小学校教員の定数確保に関する件
◦昭和三十年度
 ・第六回島根県小学校長大会
   会  場 安来市立安来小学校  期日 十月二十一・二十二日
   主な議案・現代世相をかんがみ、教科力強化の方策
       ・町村合併に伴う教育の諸問題
◦昭和三十一年度 
 ・第七回島根県小学校長大会
   会  場 江津市立郷田小学校  期日 十月二十六・二十七日
   主な議案・教育制度改正と民主教育の成立
       ・学力の啓培と児童の健康管理及び指導について
◦昭和三十二年度
 ・第八回島根県小学校長大会
   会  場 平田市立平田小学校  期日 十月三十・三十一日
   主な議案・小学校教育の特殊性にかんがみ、小学校教育を進展させるための施策を強化推進する件
       ・修学旅行規程の緩和方要望の件
 ・中国・四国連合小学校長大会 会場 出雲市
   秋に開催されたが、大会の討議は勤評問題に集中した。 
 ・ 「学校教育法施行規則」改正(教頭を職制化) 十二月四日
◦昭和三十三年度
 ・十月一日島根県においても勤務評定実施
 ・文部省 小・中学校「学習指導要領」告示 十月一日
 ・第九回島根県小学校長大会
   会  場 松江市立白潟小学校  期日 十一月十四・十五日
   主な議案・学級編制基準の引き上げと、教員定数確保及び人事管理について
       ・道徳教育、科学教育の振興について
       ・勤務評定に関する件
◦昭和三十四年度
 ・第十回島根県小学校長大会
   会  場 大社町立大社小学校  期日 十月二十三・二十四日
   主な議案・学級編制基準の引き上げと、教員定数の確保(一年生が五十人となる)
       ・学校給食の普及徹底を図るための方途について
       ・学校保健法の完全実施を促進する方途について(安全会の結成をみる)
◦昭和三十五年度
 ・第十一回島根県小学校長大会
   会  場 津和野町立津和野小学校  期日 十月十四・十五日
   主な議案・特殊教育・幼児教育の振興について
       ・教職員の待遇・福利厚生について
       ・本県指導行政の強化をいかにするかについて
◦昭和三十六年度
 ・新学習指導要領による「教育課程」実施 四月一日
 ・県内六学級以下の学校に専任教頭配置
 ・第十二回島根県小学校長大会
   会  場 木次町立木次小学校  期日 十月十三・十四日
   大会主題  「新教育課程完全実施に当たり、小学校教育の飛躍的進展を期するための方策」
◦昭和三十七年度
 ・第十三回島根県小学校長大会
   会  場 川本町立川本小学校  期日 十月四・五日
   大会主題  「新教育課程完全実施一か年の反省に立つ問題と、その打開策」
 ・第十回中国地区小学校長教育研究大会
   会  場 松江市立白潟小学校  期日 十月三十・三十一日
   大会議題  「新教育課程の実施に伴う諸問題」
◦昭和三十八年度
 ・第十四回島根県小学校長大会
   会  場 西郷町立西郷小学校  期日 七月二十一・二十二日
   大会主題  「本県の小学校教育の当面する課題解決のための具体的方策」
   ※ 当時の小中学校長の退職勧奨年齢について
     ・昭和三十四年度まで五十三歳
     ・昭和三十八年度まで五十五歳
     ・昭和四十六年度まで五十六歳
 ・ 「義務教育教科書無償措置法」制定 十二月二十一日
◦昭和三十九年度
 ・第十五回島根県小学校長大会
   会  場 宍道町立宍道小学校  期日 十月二十六・二十七日
   大会主題  「初等教育の重要性をかんがみ、本県教職員に有為な人材を確保するには、どうすればよいか」
◦昭和四十年度
 ・同和対策審議会答申 八月十一日
 ・第十六回島根県小学校長大会
   会  場 浜田市立原井小学校・浜田市民会館
   期  日 九月二十四・二十五日 
   大会主題  「島根県小学校教育の問題点、その打開を目指して」
   主な議案・恩給のスライド制について
       ・ 「交通安全」について
       ・宿日直の廃止、専科教員の増配置について
◦昭和四十一年度
 ・第十七回島根県小学校長大会
   会  場 出雲市立今市小学校・出雲市立体育館
   期  日 七月八・九日 
   大会主題  「本県小学校教育の振興策とその実現を目指して」
   主な議案・小学校教育の振興に関する件
       ・教職員の待遇改善に関する件
       ・児童の健全育成と交通安全に関する件
 ・機関誌「校長樹林」創刊
◦昭和四十二年度
 ・第十八回島根県小学校長大会
   会  場 益田市立吉田小学校 期日 七月七・八日
   大会主題  「本県小学校教育の正常化と近代化を目指して」
   主な議案・小学校教育の正常化と近代化に関する件
       ・交通安全対策並びに学校保健に関する件
       ・教職員の定数増と待遇改善に関する件
 ・昭和三十七年設置の「勤務年限延長対策委員会」を小学校長協会と
  中学校長協会合同の専門機関「島根県小・中学校長協会人事対策委員会」に改組
◦昭和四十三年度
 ・文部省 小・中学校「学習指導要領」告示  七月十一日
 ・第十六回中国地区小学校長教育研究大会
 ・第十九回島根県小学校長大会
   会  場 島根県民会館  期日 十月三十一・十一月一日 
◦昭和四十四年度
 ・第二十回島根県小学校長大会
   会  場 安来市立安来小学校  期日 七月四・五日
   大会主題  「小学校における管理・指導体制の確立」
   主な議案・教育の正常化、近代化を目指す管理、運営の具体策に関する件
       ・改訂教育課程実施上の問題点に関する件
       ・教職員の資質向上と人材確保に関する件
◦昭和四十五年度
 ・第二十一回島根県小学校長大会
   会  場 大田市立大田小学校  期日 七月三・四日
   大会主題  「激動する社会情勢に対処する初等教育の使命」
   主な議案・初等教育界に人材を確保する件
       ・現職教育の充実発展をはかる件
       ・新教育課程完全実施のための教育予算確保に関する件
◦昭和四十六年度
 ・第二十二回島根県小学校長大会
   会  場 平田市立平田小学校  期日 七月二・三日
   大会主題  「激動する社会情勢に対処する初等教育の使命」
          ~人間性の回復と創造性の開発を目指して~
◦昭和四十七年度
 ・第二十三回島根県小学校長大会
   会  場 江津市立郷田小学校  期日 九月八・九日
   大会主題  「全人的人間形成を目指し、小学校教育の質的水準の向上を図る」
   主な議案・現職教育の充実発展をはかる件
       ・初等教育に人材を確保する件
       ・教育課程完全実施途上の隘路を打開する教育予算確保の件
       ・過疎化における離島・へき地の教育振興に関する件
◦昭和四十八年度
 ・第二十一回中国地区小学校長教育研究大会
 ・第二十四回島根県小学校長大会
   会  場 出雲市立体育館他六会場  期日 十月十二・十三日
   大会主題  「小学校教育の本質を究明し、その質的水準の向上を図る」
◦昭和四十九年度
 ・ 「学校教育の水準維持向上のための義務教育諸学校の教職員の人材確保に関する特別措置法」二月二十日成立、同二十五日施行
 ・ 「学校教育法」改正 教頭法制化 五月二十七日
 ・第二十五回島根県小学校長大会
   会  場 津和野町立津和野小学校 期日 十月三・四日
   大会主題  「豊かな人間性の育成を目指して」
◦昭和五十年度
 ・第二十六回島根県小学校長大会
   会  場 大社町立大社小学校・町文化センター
   期  日 八月二十一・二十二日
   大会主題  「豊かな人間性の啓培と師道の確立」
◦昭和五十一年度
 ・第二十七回島根県小学校長大会
   会  場 加茂町立加茂小学校 期日 十月十五・十六日
   大会主題  「小学校教育の本質に立ち、未来をひらく教育の創造」
◦昭和五十二年度  教育振興大会準備のため大会は中止
 ・文部省 小・中学校「学習指導要領」告示 七月二十三日
◦昭和五十三年度
 ・第一回島根教育振興小中学校校長大会
   会  場 島根県民会館  期日 十一月二十四日
   大会主題  「島根の未来をひらく教育の創造」
◦昭和五十四年度
 ・養護学校教育義務制実施 四月一日
 ・文部省「特殊教育の指導要領」告示 七月二日
 ・第二十六回中国地区小学校長教育研究大会
 ・第二十八回島根県小学校長大会
   会  場 浜田市市民会館  期日 十一月十五・十六日
   大会主題  「未来を築く、豊かなたくましい子どもの育成を目指す教育活動の創造」
◦昭和五十五年度
 ・第二十九回島根県小学校長研修大会(出雲大会)
   会  場 出雲市商工会館  期日 九月十二日
   大会主題  「人間性豊かな児童の育成を目指す教育課程を求めて」
◦昭和五十六年度
 ・ 「島根県小学校長協会規約」を全面改正し、「島根県小学校長会会則」を制定 四月二十四日
 ・第二回島根教育振興小中学校校長大会
   会  場 島根県民会館  期日 十一月十五・十六日
   大会主題  「未来を開く島根教育」
          ~八十年代の教育展望と島根教育の振興構想~
◦昭和五十七年度
 ・第三十回島根県小学校長研修大会(邑智大会) 
   会  場 邑智町山村開発センター  期日 十月二十六日
   主な議題・学校教育目標の設定とその具現化について
       ・青少年健全育成を確かなものにするために
       ・昭和五十七年度活動について
◦昭和五十八年度
 ・第三十五回全国連合小学校長会研究協議会島根大会
 ・第三十回中国地区小学校長教育研究大会
 ・第三十一回島根県小学校長研修大会
   会  場 松江市立総合体育館 期日 十月二十・二十一日
   大会主題  「人間性豊かな児童の育成を目指す教育の創造」
         ~知・徳・体の調和のとれた人間形成をすすめる学校経営~
◦昭和五十九年度
 ・第三十二回島根県小学校長研修大会(隠岐大会) 
   会  場 西郷町 隠岐島文化会館  期日 十月五日
   大会主題  「二十一世紀に生きる日本人の育成を目指す小学校教育の創造」
         ~自ら学び続ける人間性豊かな子どもの育成を目指して~
   ※ 当時の小中学校長の退職勧奨年齢について
       ・昭和四十七年度 五十六歳六か月
       ・昭和四十八年度 五十七歳
       ・昭和四十九年度 五十七歳六か月
       ・昭和五十年度から五十五年度まで 五十八歳
       ・昭和五十九年度まで 五十九歳
 ・六十歳定年制施行  三月三十一日
◦昭和六十年度
 ・第三十三回島根県小学校長研修大会(八束大会)
   会  場 玉湯町中央公民館  期日 十月十八日
   大会主題  「二十一世紀に生きる日本人の育成を目指す小学校教育の創造」
         ~思いやりの心をもち、たくましく生きぬく子どもの育成~
◦昭和六十一年度
 ・ 「島根県小・中学校長協会人事対策委員会」を「島根県小・中学校長会教育条件改善対策委員会」に改組  三月理事会にて承認
 ・第三十四回島根県小学校長研修大会(益美大会)
   会  場 石西県民文化会館  期日 十月十七日
   大会主題  「二十一世紀に生きる日本人の育成を目指す小学校教育の創造」
         ~思いやりの心をもち、たくましく生きぬく子どもの育成~

◦昭和六十二年度
 ・第三回島根教育振興小中学校長大会 
   会  場 島根県民会館 期日 十一月五・六日
   大会主題  「未来をひらく島根教育」
◦昭和六十三年度
 ・第三十五回島根県小学校長研修大会(仁多大会)
   会  場 横田町コミュニティーセンター 期日十月十八・十九日
   大会主題  「二十一世紀に生きる日本人の育成を目指す小学校教育の創造」
         ~ひろい心にささえられた個性豊かな子どもの育成~
◦平成元年度
 ・文部省 小・中学校「学習指導要領」告示 三月十五日
 ・第三十六回中国地区小学校長教育研究大会
 ・第三十六回島根県小学校長研修大会
   会  場 大田市民会館  期日 十一月十七・十八日
   大会主題  「二十一世紀に生きる日本人の育成を目指す小学校教育の創造」
         ~信頼と愛情につながる教育を求めて~
◦平成二年度
 ・第三十七回島根県小学校長研修大会(那賀大会)
   会  場 旭町立体育館  期日 十月十九・二十日
   大会主題  「二十一世紀の社会に貢献する日本人の育成を目指す小学校教育の創造」
         ~個性豊かにたくましく生きる子どもの育成~
◦平成三年度
 ・第三十八回島根県小学校長研修大会(飯石大会)
   会  場 吉田村勤労者体育センター 期日 十月十一・十二日
   大会主題  「二十一世紀の社会に貢献する日本人の育成を目指す小学校教育の創造」
         ~生涯にわたって学ぶ意欲とたくましい実践力を育む教育を求めて~ 
◦平成四年度
 ・新学習指導要領による教育課程全面実施 四月一日
 ・学校週五日制スタート(月一回) 九月十二日
 ・第三十九回島根県小学校長研修大会(江津大会) 
   会  場 江津市民体育館 期日 十月七・八日
   大会主題  「二十一世紀の社会に貢献する日本人の育成を目指す小学校教育の創造」
         ~豊かな心をもち、たくましく生きる子どもを育む連帯を目指して~
◦平成五年度
 ・第四十回島根県小学校長研修大会(平田大会)
   会  場 平田市立体育館  期日 十月六日
   大会主題  「二十一世紀の社会に貢献する日本人の育成を目指す小学校教育の創造」
         ~先見性と広い視野をもち、連帯して高める学校経営~
◦平成六年度
 ・第四十一回中国地区小学校長教育研究大会
 ・第四十一回島根県小学校長研修大会(安来・能義大会)
   会  場 安来市民会館  期日 十一月十・十一日
   大会主題  「二十一世紀の社会に貢献する日本人の育成を目指す小学校教育の創造」
         ~豊かな心を育て、新しい学力観に立つ特色ある学校経営をめざして~
◦平成七年度
 ・月二回学校週五日制実施  四月一日
 ・第四十二回島根県小学校長研修大会(鹿足大会) 
   会  場 津和野町民センター  期日 十月五日
   大会主題  「新しい時代を創造し、国際社会に貢献する日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~教育課程に対する広い視野と深い洞察に基づく創意ある学校経営~
◦平成八年度
 ・第四十三回島根県小学校長研修大会(簸川大会)
   会  場 斐川町中央公民館  期日 十月九日
   大会主題  「新しい時代を創造し、国際社会に貢献する日本人の育成を目指す小学校教育の推進」  
         ~豊かな心とたくましい実践力を培い、信頼と期待に応える学校経営をめざして~
◦平成九年度
 ・第四十四回島根県小学校長研修大会(大原大会)
   会  場 加茂町文化ホール  期日 十月七日
   大会主題  「新しい時代を創造し、国際社会に貢献する日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~子どもたちに豊かな心とたくましさを~
◦平成十年度
 ・第四十五回島根県小学校長研修大会(浜田大会)
   会  場 浜田市石央文化ホール 期日 十月七日
   大会主題  「新しい時代を創造し、国際社会に貢献する日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~心豊かに、たくましく生きる力を育む教育を~
 ・文部省 小・中学校「学習指導要領」告示  十二月十四日
◦平成十一年度
 ・島根県小学校長会創立五十周年記念大会
   会  場 松江市 ホテル一畑  期日 六月二十五日
   研 修 会  (パネルディスカッション)
        主題「島根の教育を考える」
 ・第四十六回島根県小学校長研修大会(邑智大会)
   会  場 川本町悠邑ふるさと会館  期日 十月七日
   大会主題  「新しい時代を創造し、国際社会に貢献する日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~ゆとりの中で、豊かな心とたくましく生きる力をはぐくむ学校経営~
◦平成十二年度
 ・第四十七回中国地区小学校長教育研究大会
 ・第四十七回島根県小学校長研修大会(出雲大会)
   会  場 出雲市民会館他五会場  期日 十一月十六・十七日
   大会主題  「新しい時代を創造し、国際社会に貢献する日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~確かな力と豊かな心をもち、たくましく生きる人間の育成~
◦平成十三年度
 ・第四十八回島根県小学校長研修大会(隠岐大会)
   会  場 西郷町 隠岐島文化会館 期日 十月十二日
   大会主題  「新しい時代を創造し、国際社会に貢献する日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~心豊かに、たくましく二十一世紀を生きる子どもを育てる学校経営~
◦平成十四年度
 ・新学習指導要領による教育課程全面実施 四月一日
 ・完全学校週五日制実施  四月一日
 ・第四十九回島根県小学校長研修大会(八束大会)
   会  場 八雲村社会福祉センター  期日 十月十一日
   大会主題  「新しい時代を拓き、国際社会を主体的に生きる心豊かな日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~夢と希望をもち、共に生きる心豊かな子どもの育成~
◦平成十五年度
 ・第五十回島根県小学校長研修大会(益美大会)
   会  場 石西県民文化会館・益田商工会議所  期日 十月十七日
   大会主題  「新しい時代を拓き、国際社会を主体的に生きる心豊かな日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~豊かな心と確かな学力を身につけ、自ら学び続ける子どもの育成~

◦平成十六年度
 ・第五十一回中国地区小学校長教育研究大会
 ・第五十一回島根県小学校長研修大会(松江大会)
   会  場 島根県民会館他三会場  期日 十一月十八・十九日
   大会主題  「新しい時代を拓き、国際社会を主体的に生きる心豊かな日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~確かな力と豊かな心をもち、よりよく生きようとする人間の育成~
◦平成十七年度
 ・平成十七年度島根県小学校長会研修会
   会  場 カルチャープラザ仁多(奥出雲町農村環境改善センター)
        奥出雲町立三成中央公民館
   期  日 八月十九日
◦平成十八年度
 ・第五十二回島根県小学校長会研究大会(大田大会)
   会  場 あすてらす(島根県立男女共同参画センター)
   期  日 十月六日
   大会主題  「新しい時代を拓き、国際社会を主体的に生きる心豊かな日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~豊かな心と確かな学力をもち、未来に向かってたくましく生きようとする児童の育成~
◦平成十九年度
 ・平成十九年度島根県小学校長会研修会
   会  場 頓原農村改善センター 飯南町健康福祉センター
   期  日 八月十日
 ・文科省 小・中学校「学習指導要領」告示 三月二十八日
◦平成二十年度
 ・第五十三回島根県小学校長会研究大会(江津大会)
   会  場 江津市総合市民センター他二会場
   期  日 十月十日
   大会主題  「新しい時代を拓き、心豊かにたくましく生きる
         日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~未来に向かって、意欲的に学び共に力強く生きる子どもの育成~
◦平成二十一年度
 ・第五十六回中国地区小学校長教育研究大会島根大会
 ・第五十四回島根県小学校長会研究大会
   会  場 出雲市民会館他四会場
   期  日 十一月十九・二十日
   大会主題  「新しい時代を拓き、心豊かにたくましく生きる日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~知性と感性を育み、未来に向かって力強く生きる子どもの育成~
◦平成二十二年度
 ・平成二十二年度島根県小学校長会研修会
   会  場 邑南町健康センター「元気館」
        出羽公民館「いきいきセンターみずほ」
   期  日 八月十日
◦平成二十三年度
 ・新学習指導要領による教育課程全面実施 四月一日
 ・第五十五回島根県小学校長会研究大会(安来大会)
   会  場 安来節演芸館、夢ランドしらさぎ
   期  日 十月五日
   大会主題  「新しい時代を拓き、心豊かにたくましく生きる日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~知性と感性を磨き、自らの生き方やふるさとに誇りをもつ子どもの育成~
◦平成二十四年度
 ・平成二十四年度島根県小学校長会研修会
   会  場 津和野町民センター他一会場
   期  日 八月八日

◦平成二十五年度
 ・第五十六回島根県小学校長会研究大会(雲南大会)
   会  場 雲南市加茂文化ホール「ラメール」他
   期  日 十月十日(木)
   大会主題 「新たな知を拓き、人間性豊かな社会を築く日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~ふるさとを愛し、夢をもち、自己と地域の未来を切り拓く子どもの育成~
◦平成二十六年度
 ・第六十一回中国地区小学校長教育研究大会島根大会
 ・第五十七回島根県小学校長会研究大会(松江大会)
   会  場 島根県民会館、サンラポーむらくも ほか
   期  日 十一月二十・二十一日
   大会主題  「新たな知を拓き 人間性豊かな社会を築く日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~ふるさとを愛し 夢の実現に向かって共に生き抜く子どもを育てる学校経営の推進~
◦平成二十七年度
 ・平成二十七年度島根県小学校長会研修会(隠岐)
   会  場 隠岐島文化会館
   期  日 十一月十三日
 ・文科省 小・中学校「学習指導要領」一部改正 三月二十七日
      特別の教科道徳

◦平成二十八年度
 ・第五十八回島根県小学校長研究大会(浜田大会)
   会  場 石見石西文化ホール・浜田ワシントンホテルプラザ
   期  日 平成二十八年十月七日
   大会主題  「新たな知を拓き 人間性豊かな社会を築く日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~信頼される学校づくりを目指して~

◦平成二十九年度
 ・第五十九回島根県小学校長教育研究大会(益田大会)
   会  場 島根県芸術文化センター「グラントワ」
   期  日 十月六日
   大会主題 「新たな知を拓き 人間性豊かな社会を築く日本人の育成を目指す小学校教育の推進」
         ~豊かな心と確かな学力を身に付け 自ら学び続ける子どもを育成する学校経営を目指して~

組織(組織図)

島根県小学校長会組織図(PDFファイル)